精子バンク体験談|原因不明の不妊にこれ以上耐えられない

原因不明の不妊

ご本人から協力の申し出、または、掲載許可を頂いた場合にのみ公開しています。


原因がわからい不妊から精子バンクを利用されたハルミさんの体験談です。

結婚までは順調だったのに妊活は・・・

周囲よりも早く20代半ばで結婚しました。意味のないちょっとした優越感に浸っていたのですが、子供にめぐまれず撃沈しました。

私よりも遅くに結婚した友達はどんどん子供を産み、存在がいつの間にか遠くに感じるようにさえなりました。

やはり何か問題があるのだと思い、20代ではあるものの病院で検査をしました。その結果は、私も主人も異常なし。

原因がわからないので、対処のしようがありません。サプリを飲んだり、子宝の湯に行ったり。しかも、子宝の湯の由来を調べたら、その多くは、男性原因の不妊症が認知されるずっと昔に、旅人から遺伝子をもらうために女性がいかされた場所だと知り、微妙な気持ちになりました。

治療のしようがないので、共働きの私たちは、生活するだけで、どんどん時間がたっていきます。夫婦の間にも不穏な空気が流れました。

妹の授かり婚

極めつけは、妹の妊娠からの結婚でした。

昭和なタイプの両親は、妹にとやかく言っていましたが、私はがらにもなく妹を全力でかばいました。妹の状況がいかに素晴らしいことか。子供がほしくても簡単にはもてない人がいるなかで、妹のところに赤ちゃんがきてくれたことをなぜ祝福できないのか、と。

後から、妹に聞いたところによれば、泣きながら張り裂けんばかりの声で両親に訴えていたそうです。

その件以来、家族も感じるところがあったのか、私に子供のことを聞くことはなくなりました。

夫婦で決めた精子バンク利用

反面、私はより一層こどもが欲しくなり、主人と話し合いました。

結論としては、このまま夫婦関係に亀裂ができてしまうよりも、今できる選択肢を実行しようというものでした。

病院でのAIDも検討しましたが、2年待ちといわれ断念。まだ20代ですが、子供は二人以上欲しかったので、一人目は年内に、遅くとも二人目は30代前半にと考え、民間の精子バンクを利用することに。

原因不明の不妊で過ごした数年間のもやもやがすべて消え去り、今はとても穏やかな気持ちです。

わが子を抱ける幸せに日々浸っています。二人目もジャパン・ベイビーさんにお願いする予定です。
本当にありがとうございます。お体に気を付けて活動を続けてください。

以上がハルミさんの体験談になります。ご質問は遠慮なくお送りください。


こちらの記事が読まれてます。