40代からの精子提供依頼と妊娠・出産が増えている理由とは?

ジャパンベイビーで精子提供させていただくクライアントさんには、40代の方も少なくありません。

活動を開始してから、増加の割合がもっとも大きいのが40代の方です。

では、なぜ40代の方が増えているのか?

今日はこれについて解説していきます。

ジャパンベイビーで精子提供を望む40代が増える理由

40代でも妊娠・出産の実績が多数

一番は、実績です。

20代・30代ではもちろん、精子提供により妊娠・出産された方がたくさんいます。

それに加えて、40代でもジャパンベイビーでの精子提供をうけて授かった方が多いです。

一般的には、歳を追うごとに妊娠・出産の確率が下がるため、難しいとされていますが、クライアントさん希望される限りジャパンベイビーでは精子提供をさせて頂くため、結果的に数多くの実績につながっています。

年齢制限なし

ジャパンベイビーでは、クライアントさんの年齢制限を設けていないため、40代の方からも頻繁にご依頼を頂きます。

40代の中には、

  • 仕事が忙しくて婚活すらできなかった
  • 結婚はしたもののいろんな事情で20代30代は妊活しなかった

という方もいます。

ところが、40代への精子提供を実施していないとこが多いのも現実。

ジャパンベイビーでは、年齢で依頼をお受けするかどうかを決めることはないため、結果的に多くの方に選ばれています。

柔軟な日程調整機能

お仕事の有無に関わらず、妊娠でもっとも重要なことはタイミングをいかに合わせるか

そのため、ジャパンベイビーではできるだけ柔軟に日程調整できるシステムを導入し、ご希望の方法で提供させて頂いています。

排卵から24時間しかチャンスはありません。

しかし、その24時間を可視化できないため、卵子の寿命が、精子の寿命である72時間に含まれるようにします。

簡単ではありませんが、これまでも40代の方がお子さんを授かってこられたのは、ひとえに日程調整のコツだと考えています。

まとめ

40代だからとあきらめず、できることから少しずつ始めることをおすすめします。

ジャパンベイビーのカウンセリングは無料でお受けいただけますので、いつでもご連絡ください。